iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【転の巻】

アマゾン, 品物の話

 

初回→iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【記の巻】

前回→iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【承の巻】

 

 

前回の続きです。

 

私がDMMモバイルと契約した時に同時購入したAndroid端末が

 

acerのスマートフォン、「Liquid Z530」です。

 

 

 

実際に「Liquid Z530」を使ってみた感想は・・・・

 

 

なめらか~~~~~で、サクサク動く~~~~

Androidなめてた~~~~

 

画面も丁度良く(5インチ)、音質も悪くない。カメラは普通。

3Dゲームとかは得意じゃないけど大体イケる。背面のデザインと触り心地が良い。

 

こんな感じでした。

さらにWindowsと繋ぐことが出来るらしいよ!!(私には必要ありませんでしたが・・・)

 

 

俗に言うハイスペック機種(Xperiaとか)はもっと凄いんでしょうが、ライトユーザーの私には大変満足の出来るレベルです

 

 

 

一つデメリットを上げれば

 

よくわからん専用アプリが地味に多い(私が使いこなせてないだけですが)

 

 

 

価格もかなり安くなっているみたいなので、日本製とかハイスペックじゃないと不安な人以外で格安スマホを検討している人は必見です

「エイサーのスマホ」で検索するか、コチラ→Liquid Z530をクリックしてみて下さい。

 

 

格安スマホ(for Android)を2年間使って気付いた事

 

 

 

 

まる2年間、格安スマホ(forAndroid)を使ってきて分かったことがあるのです。

 

私はおそらく・・・

 

 

「iPhone」が好き・・・

 

 

「Apple社」の製品だからとかじゃなく単に「iPhone」が好き。PCも「Windows」でいいし、持ってるタブレットなんか「kindle Ffire」だからね。

 

 

 

しかも最近やたらCMで「iPhone」を見かけるんですよ・・・(他のスマホも多分同じくらいCMしてると思うんですが)

 

ついつい見ちゃうんですよね・・・

んで、いつも思うんですよ。

 

 

「やっぱ、iPhoneかっけー!」

久々に自分の「スマートフォン」を「デバイス」って呼んでみたーい!!!(Androidの方では、「スマートフォン」を「デバイス」って言わない。主に「スマホ」や「スマートフォン」と言う。)

 

 

 

別に現状(Android)に不満があった訳じゃないのですが、

現在使用している端末の分割払いが丁度終わり、何も制約がなくなった私は、何故か無性に「iPhone」に変えたくなってしまったのです。

 

「新しい iPhone」は一体いくら?

 

私は、新型 iPhone の購入しようとApple日本の公式サイトを覗いてみました。

 

5月1日現在の価格(税別)

iPhone X |¥112,800 ~

iPhone 8 |¥78,800 ~

iPhone 7 |¥61,800 ~

iPhone 6s|¥50,800 ~

iPhone se|¥39,800 ~

 

ふ~ん。(。´・ω・)

一番安い「SE」でも¥39,800 ~ かぁ・・・・

 

せっかく端末の分割払いが終わって、やっと「月々 ¥1,140~」と言う超格安料金になったのに・・・

 

どうしようか悩んだ結果。

 

取り敢えず、私が前に使っていた「iPhone 5」が押し入れの中に眠っているので、それをまた使って少しの間我慢しようと考えました。

久しぶりに「iPhone」を手に取り、アルミボディの感触や重量感に少し感動しました。

 

「やっぱ、これだよな!!早速、充電しよ。」

 

押し入れに眠っていた為、さすがに充電しなくていけません。

 

充電している間、ふと

「そういえば、今使ってる「SIMカード」でいけるのかな?」と思い、双方のSIMカードを取り出してみました。

 

 

私「あれ?なんかサイズが違う・・・コレまさか・・・」

 

私は愕然としました。

 

 

「このSIMカード、俺の「iPhone」に入んねぇじゃん。」

 

 

現在の端末の「Liquid Z530」のSIMサイズは「Micro-SIMカード」

iPhone5に使われているSIMサイズは「Nano-SIMカード」

 

そう!マイクロじゃなく!!ナノなのです!!!!

ダメじゃん。

 

と言うか、そもそも「大手キャリア」で購入した「iPhone」は「格安スマホ業者」で使えるのか?

 

答えは「YES

SIMロック解除すれば使えます。

 

正確には、2010年6月に「SIMロック解除ガイドライン」が出来てて、各キャリアはSIMロック解除に対応してきた。しかしApple社の「iPhone」については対象外らしく、SIMロックを解除できなかった。

しかしiPhoneユーザーの熱い思いが届いたのか、2014年12月にガイドラインが改定され、2015年5月以降に販売する端末(iPhoneも含む)については、SIMロックの解除が義務化された

めでたしめでたし。

 

へー。

今じゃ当たり前のようにSIMロック解除出来るもんなんだぁ・・・

 

 

ちょっと待って!!!

「2015年5月以降に販売する端末については、SIMロックの解除が義務化された」だとぅ!?

じゃあ、私のみたいに2015年5月以前に「iPhone」を購入した人達は対象外って事!?

 

 

そのようです。

 

 

や・・・やられた・・・

 

しかし、調べている内に「SIMロック解除アダプタ」なる物が存在する事が分かりました。

その名の通り「SIMロック」を解除出来るらしい。

しかも、結構安い・・・(安いのは¥800(税別)~)

 

 

 

「でも、それって違法じゃないの?」と思う方も多いと思います。

ハッキリ言ってグレーゾーンです。

違法とは言い切れないものの正規な物は無く、大手キャリアも「非推奨」としています。

なので、SIMロック解除アダプタは完全に自己責任

当然 100% の補償も無く、下手したら偽物を買わされることも・・・

 

だが、実際に成功している人も多いのも事実。

 

何度も言いますが、使用するのは自己責任

 

 

さて、どうしたものか・・・・

 

 

次回→ iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【結の巻】