iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【承の巻】

アマゾン, 品物の話

 

前回→iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【記の巻】

 

 

さて、続きです。

 

格安スマホ業者を使えば今よりずっとお得にスマホが持てるんじゃないか?と思い、格安スマホというものを勉強しました。

 

約一ヶ月勉強した結果、良さげな携帯会社を見つけましたよ。

 

 

 

DMMモバイルです。

DMMって通信事業もやってるんですね。

 

DMMモバイル公式サイト

とにかく、安い。通話プラン無しだとなんと!!(インターネット使用のみのプラン)

月々たったの440円~!!!!

(通話対応プランは 1,140円~)

 

私が調べてた頃は約2年前ですが、おそらく今現在でもトップクラスの安値だと思います。

(新しい機種を購入の場合、別途機種代金が必要となります)

 

 

私もせっかくなんで新しいスマホに乗り換えて契約してみようと思いました。

それでは、ここから実際に契約まで私の体験談を入れつつ解説します。

 

 

 

スマホ

 

 

1.MNP転出届け

まず最初に私が行ったのは「MNP転出届け」です。

「MNP」とは「ナンバーポータビリティ」の事で、今使っている電話番号をそのまま他社でも使えるようにする手続きの事です。(そのまま他社で契約すると新しい電話番号が発行される為)

別に電話番号が変わってもいいよって方はスルーで。

 

各携帯会社によって「MNP転出申請方法」が異なる為、 ”携帯会社 MNP転出方法” でググって下さい。

私の場合、専用カスタマーサービスに直接電話しなくてはいけませんでした。

その際に「何故他社へ切り替えるのか?」とか「転出先の携帯会社を教えてくれ」とか「その転出先に決めた理由は?」など、ちょっとイラッとくるぐらい結構しつこく色々聞かれました。

 

 

 

無事「MNP転出予約番号」と「有効期限」を取得したら次へ

 

 

2.DMMモバイルと契約

DMMモバイルの公式サイトで申し込み

SIMプランを選択(通話SIM) → データ通信量選択(ライト) → 端末購入の場合は端末を選ぶ →  サポートオプションを選択(申し込まない) → 以下オプションを選択(全部申し込まない)

上記赤字設定で、月々 1,140円+端末代(分割)

(ちなみに私がDMMモバイルに移るときに購入した機種は「acer」の「Liquid Z530」です。それだと機種代分割払い込みで大体 月々3000円位に収まりました。)

 

あとは個人情報入力してMNP予約番号などを入力。

 

つづいて、DMMに会員登録をしないといけません。※注意※MNP転入の場合、会員登録にはキャリアメール以外のメールアドレスが必要となります。(PC用のメールアドレスがあればOK)

 

Gmailなどのフリーメールアドレスを取得して会員登録。

 

支払方法のクレジットカード情報を入力。

最後に本人確認書類をアップロードして完了。

 

 

あとは、DMMモバイルから送られてくる SIMカード が届くまで待機。

 

私の場合、当時はMNP切り替えが簡単に出来なかったみたいでDMMモバイルが手続きを開始すると一時的に携帯電話が使えない状態になりました。(DMMモバイルのSIMに切り替わっている為)

今はDMMモバイルのマイページから任意のタイミングで切り替える事が出来るみたいです。

 

 

 

3.SIMカードが届いたら

SIMカードを交換する。

機種も同時に購入していた場合、新しいスマホにDMMモバイルのSIMカードを入れて電源入れる。

 

SIMカードには種類があって「SIMカード」「マイクロSIMカード」「ナノSIMカード」とあるみたい。(そー言えば私の持っいた「iPhone5」は「ナノSIMカード」だったかな。)

 

ちなみに私の場合SIMフリー機種を購入して、マイクロSIMカードが来ましたよ。

この時一瞬「もうiPhone5は使わ無くなるかな?」と、頭を過りました。

 

もう、契約ちゃったし「iPhone」だろうが「Android」だろうがスマホに変わりはないんだから大丈夫。そう自分に言い聞かせ作業を進めました。

 

 

4.APN(アクセスポイントネーム)の設定をする。

 

Androidの場合メニューアイコンから「設定」を開き、一覧から「その他」を選択します。次に「モバイルネットワーク」を選択し、「データ通信を有効にする」にチェックを入れます。次にその画面下の方にある「アクセスポイント名」を選択します。

画面内の「メニューアイコン」もしくは「+」ボタンを選択し、DMMモバイルのAPN設定値を入力し「保存」をします。最後に作成したANP選択します。

 

これでやっと使えるようになります。

私は今まで「やわらか銀行」さんとこに全ておまかせだったので多少手間取りましたが、おそらく手順通り進めて行けば難なく設定できると思います。事前に予備知識としてANP設定の事を知っていれば手間取る事も無いと思います

 

 

一連の流れは以上です。

 

 

 

めんどくせぇ・・・

「やわらか銀行」さんだったらその場で教えてもらいながら設定するか、もしくは初めから設定してあるかどっちかだと思います。

 

 

 

 

格安スマホの落とし穴!?

 

私は格安スマホというものを色々調べているうちに、格安スマホには重大な欠点がある事が分かりました。

 

それは・・・・使い心地です。

格安スマホは「低価格」を売りにしている為、使用されている各パーツが安価な物が多いようでヒドイ物は「なにコレ?子供のオモチャじゃないの?」って思える代物もあるらしいです。

もちろん触り心地も重要ですが・・・・

実際にリーズナブルな価格だけに惹かれ格安スマホを買ってしまった人々のレビューを見ていると・・・

 

何というか、もっさりしててカクつくらしいのです!!!

 

 

あと、当時多くの格安スマホ機に使ってあるCPUの名前が確かCPUの名前が「ナントカドラゴン?」だったかな?カッコ悪い。

ちなみに当時私が使っていたiPhone5は「A6」てCPU。シンプル。

もう一個有名なCPUがあって「MTほにゃらら」ってやつ。名前が数字の羅列でよくわからない。

 

そのCPUに差があるらしいのですが、無知な私にCPUとはその程度の認識でしかありませんでした。

(もっと各CPUの比較詳細を書こうと思えば書けなくは無いのですが、私自身あまり詳しくないのとスペックがどうとかベンチマークがどうとか書いたら切りが無さそうなので書きません。調べません。)

 

なので、とにかく体感で

 

 

 

もっさりしてて、カクつくのは嫌だ!!!

 

 

 

そこで、当時の私は賢い先人たちのレビューなどを読み漁った結果・・・

良いものはそれなりに高いのが当たり前で、安くスマホを使いたいのなら多少の我慢もしないといけないのかもしれない

 

そんな時に出会ったのが「acer」の「Liquid Z530」です。

acer Liquid Z530

 

 

 

な、何っ!?

こ、こいつ・・・動くぞ!?

 

 

 

 

次へ→ iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【転の巻】