iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【記の巻】

アマゾン, 品物の話

 

 

 

そう、私は戻って来たのだ。

 

 

 

あ、どうも。

約二年間「Android」に浮気をしていた、元「iPhone」ユーザーの私です。

今回は私が結局「Android」から「iPhone」に出戻りした理由と経緯を踏まえて「格安料金でiPhoneをメインスマホにする方法」を書き残したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず初めに「iPhone」から「Android」にした訳

 

ズバリ!!

 

お金の問題です。

 

私はずっと、大手3キャリアの「やわらか銀行」さん所でスマホを使っていたのですが・・・

 

ある日、思ったのです。

 

 

 

「毎月のスマホ代・・・高くね?」

 

 

なぜそう思ったかというと

 

久しぶりに実家に行った時、父親と話をしていて私は衝撃を受けたのです。

 

 

 

 

 

 

 

私の父親は未だに古い「ガラケー」のパカパカのやつを使っているんですが

 

たまたま、「その携帯って月々いくら払ってるの?」と聞いたところ・・・・・

 

 

「うーん・・・毎月大体 1000円(千円) くらいだったと思うよ」

 

 

は?・・・いやいやウソでしょWWW

 

その頃、私は大体 10000円(一万円) くらい払っていました。

 

10分の1じゃん!?

年間だと 108000円(十万八千円)の差額・・・・

 

 

おいおい、10万あったらディ〇ニ―ランドの年間パスポート買えるじゃん

 

買わないけど。

 

それぐらい余分に払ってるって事。

もちろんスマホとガラケーの違いや、インターネットの使用量等でかなり違うわけですが・・・

 

 

なんか、すごーく損してる気が・・・

 

んで、調べました。というか、勉強しました。

 

 

 

 

 

 

 

大手キャリアのスマートフォン料金について

 

まず、「携帯電話会社と言えば大体思い浮かぶであろう大手」と呼ばれる3大キャリアを比べて見てみる。

(但し、機種代無しで一番安いであろう料金プランの場合のみを比較)

 

 

 

D社(毎回CMに旬な有名人を起用)

料金 約 6000円~

通話無料プランやインターネット回線割引などは一切なし

但し、2年間の定期契約が必要(?)

 

A社(今や三太郎でお馴染み)

料金 約 5000円~

通話無料プランやインターネット回線割引などは一切なし

但し、2年間の定期契約が必要(おまえもか)

 

S社(しゃべる白い犬のお父さん)

料金 約 5000円~

通話無料プランやインターネット回線割引などは一切なし

但し、2年間の定期契約が必要(わざとだろ!?)

 

各社に必ずと言っていい程ある2年間の定期契約とは?

 

出たな!?みんな大好き2年縛り!!!

 

つまり、2年間契約しててくれたら割引するよっていう話。

ちなみに、もし2年以内に解約したい場合・・・違約金が発生しますよ。(゚Д゚;)という契約です。

 

ちなみに2年満了月にタイミングよく契約解除すれば違約金は発生しません。しかし、2年定期契約には自動更新という落とし穴が・・・

2年も使ってれば契約月がいつだったなんて忘れがち。「気付いたら契約更新してた(;゚Д゚)!?」なんて事はよくある話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

格安スマホ業者の料金について

 

格安スマホ業者とは

大手キャリアなどから通信インフラを借りてデータ通信プランを提供している業者のこと。(つまり、大手キャリアが持て余している通信設備などを間借りして事業をする会社みたいなもの)

 

何故、そんなことになったのか

 

昔から通信速度を競って来た大手キャリア達は通信速度の速さをドンドン追求して新しい技術や設備を求めた結果、一般の使用者が必要とする通信速度を遥かに超えて行ってしまった。

 

でも、やめられない止まらない通信速度への探求心・・・

 

そこに目をつけた格安スマホ業者は大手キャリアから使用頻度の低くなった設備を借り受けて、安~~~い価格でデータ通信を提供しているというわけ。

 

ただ、格安スマホ業者のデータ通信には一部制約などがある場合が多いです。(大手キャリアより通信速度が遅い、専用メールアドレスが無いなど)

 

 

で、気になる料金ですが・・・

大体 ¥1980- 前後です。(大手キャリアより約3000円以上安い)

 

業者の数が多過ぎて調べるのがメンドクサ・・・・じゃなくて、どの格安スマホ業者も料金で勝負しているので、各社大体同じで「条件次第ではさらに安くなりますよ。」っていう感じです。

 

さらに、みんな大好き2年縛りもやってないとこの方が多いです。

 

って事は・・・

 

「おいおい!それじゃぁ、格安スマホの方が断然安いしお得じゃんか!!!」

「大手キャリアの野郎、ボッタくりなんじゃねえか!?」

 

 

 

 

 

はい、ちがいます。見えていない部分がまだあります。

 

大手キャリアのメリット

  1. 最新機種がお得に買える
  2. 通信速度が速い(電波が良い)
  3. 専用キャリアメールアドレスが使える
  4. 長年使うと良い事がいっぱい
  5. 各種割引キャンペーンを上手く使えばお得
  6. 口座振替が出来る
  7. スマホ代にお金を惜しまないセレブ感が出る
  8. 大手キャリアは無くならない

と、こんな感じでメリットは多いです。

 

 

では、逆に

格安スマホのデメリット

  1. 特定の機種しか販売してない
  2. 通信速度、電波が悪くは無いがよくも無い
  3. 専用メールアドレスが無い場合がある
  4. 長年使ってもあまり変わらない
  5. そもそも基本料金が安いので割引キャンペーンなどが少ない
  6. クレジットカード決済の所が多い
  7. 低スペックのスマホを買うとコレジャナイ感が・・・
  8. いつ通信事業から撤退するかわからない

と言った感じで大手キャリアと比べたデメリットを並べてみました。

 

 

 

結局どうするのが一番お得なのか・・・

 

次回は、私の体験談を踏まえて iPhoneを格安でメインスマホにする方法を書きたいと思います。

 

 

次回→ iPhoneをどうしても格安料金で使いたい!【承の巻】