白枝物語33 ~ダークソウル3~

ゲーム, ダークソウル3, 趣味の話

 

やあ、こんにちは。私ですよ。

 

昔の話で恐縮ですが、幼い頃「月にはウサギが住んでいて餅つきをしてるんだよ、よーく見てごらん。」って祖母に言われ

子供ながら一生懸命に目を凝らして月を見ていたのですが、私には一向にウサギの姿は確認できませんでした。

「ばあちゃん、スゲーな。」

 

注意:月にウサギはいません。昔、月の模様を「ウサギの餅つき」に見立てた言葉遊び。

 

 

 

じゃ、始めようかな。

 

前回の続きで、深みの聖堂を探索中。

 

梯子をシャー!って降りた先で「結晶トカゲ」を追っかけ中。

 

 

待て待て~い!

追っかけ中

 

さぁ、観念しなさい。

さっさと私に倒されなさい。

私の剣の錆となるがいい。

 

などと、普通のゲームならこのシチュエーションは傲慢なセリフが出るポイントだが

 

 

ダークソウルは違う

 

奥に大きいのがいる

余裕ぶっかまして追いかけたら、逆におっきいヤツに遭遇して逆にピンチになるぅぅぅ!!

 

私はこの現象を「トトロの森」と名付けようと思う。

 

ジ〇リの世界でこーゆーのあったよ。

例えば、少女が不思議な生き物を追いかけて森の奥へ行くと、巨大な何かと出会う的な。

 

まあ、ピンチになるのはダークソウルならではだけど

 

 

討伐

 

無事おっきい方も倒したら

 

周囲のアイテム回収。

 

指輪

毒咬みの指輪 = 毒耐性が上がる。ただそれだけ。柔らかい石がハマってて作り方は内緒らしいぞ。

 

 

戻るぞ。

シャー!って降りて来た梯子を今度は一段づつ上がるリアル。

梯子を上がる

 

今度こそ、深みの聖堂の本堂へ向かいマッシュ。

よく見たら、夕方なんだね。この世界。

夕日が階段にあたってキレイ。

 

階段

 

この階段の先に本堂への大きな扉がある。

本堂内へ入ると一体どんな冒険が待ち構えているのだろうか。

ワクワクが止まらな~い。

 

門を開けろー!私が来たぞー!

 

開かない

 

ま、開かないんだけどね。

開かないものはしょうがない。

遠回りだけど別ルートで本堂内を目指す。

 

さっきの扉の直ぐ右に別ルートがあるのでそっちへ

 

ザコ現る

 

すぐさまザコ亡者が襲って来る。

「槍」っぽい武器を持ってて、しかも先っちょが燃えてる

 

こっちは半裸と質素な盾しか持ってないよ!?

そんな危ないものでツンツンされたら火傷するっつーの!!

 

 

その場所から屋根の上に移動。

 

屋根の上へ

 

ここから屋根伝いに進んで行く。

 

まだ屋根の上

 

複雑そうに見えて一本道です。

 

 

 

今回はこの辺で終わります。

 

 

 

あ~そうそう、気が付いたら「ダークソウル1リマスター版」がps4で発売されてますね。

買おうかな……どうしよっかなぁ……あの頃のダークソウル1、面白かったよなぁ……よく休みの前日は朝までやってたなぁ。

(後半はチーターや出待ちを狩るのに必死になってたけど)

 

ダークソウル3が面白くないわけじゃないんだけど、もう余りやろうと思わないんだよなぁ……

ダークソウル1の時程の熱量が出ないんだよなぁ……

 

 

自分が年老いて「ゲーム」を受け付けなくなったのか

ただ単に「ダークソウル1」が面白かっただけなのか

 

さて、どっちだろう。

「ダークソウル1リマスター版」買ってみるかな。

 

ダークソウルオフィシャルサイト

 

 

次→ちょっと待って

前→白枝物語32 ~ダークソウル3~

 

当ブログは個人が運営している非公式ブログであり、 「 ゲームタイトル 」の運営企業とは異なります。 また、 当ブログのすべての画像や攻略データの著作権は、 「 ゲーム運営会社 」に帰属します。 著作情報の削除依頼に関しては、 こちらのお問い合わせは(https://murohas.site/contact/)から 、 お願いします。 著作者からの申請であれば、 速やかに対応いたします。