白枝物語32 ~ダークソウル3~

ゲーム, ダークソウル3, 趣味の話

 

 

こんにちは。私です。

 

寝不足です。やりたい事が多過ぎて寝るのがとても惜しいです。

 

最近、夕食後にスマホを見ながら横になってると何故かスマホが顔面に落下して来ます。いつも痛くて目が覚めます。

万有引力の法則とまでは言わないけど、何か法則性があるように思えます。

 

 

 

では、続き。

 

ガイコツ達をかき分けて本堂を目指してるとこだったかな。

そのまま本堂へ

 

 

と、思うじゃん。

残念ながら今回もアイテム回収しちゃう

本堂へ向かう階段

ここは、もたついてると囲まれる

ここでは裸のガイコツとチョット風貌が違うヤツ(画像中央)も襲って来る

そいつは「聖堂の墓守」ってヤツで、墓守の双刀って武器をもってる。その双刀を使い素早い剣術でスパパパパパパ~んって切り刻んでくる。

しかも、出血武器なのでスパパパパパパ~んの後にブシャー!で即死級のダメージをくらう事もある。

 

 

近くに「不死の遺骨」が落ちてるので回収。

遺骨回収

この「不死の遺骨」で何故エスト瓶の使用量が増えるのか・・・

答えは、アイテム説明文に・・・

不死の遺骨 = 篝火の薪は不死人の骨であり、まだ燃え尽きぬそれは新しい薪になる。死を糧とするなら、死に祈ることだ。

篝火に不死の遺骨(薪)をくべたら「火」も大きくなる。灰の人(主人公)は他人のソウル(魂)を集めて「糧」に出来るのなら「不死の遺骨」から「不死人」の力を得る事も出来るはずだ。って事なんだと思う。

 

うん。よくわかんない。

 

なんか拾った。覚えてない。

アイテム回収

大したアイテムじゃないのは間違いない。

 

ちなみに、地面に大きな「矢」が一杯刺さってる。実はこの場所も「トモダチ」の狙撃場所だ。

幼い白い木を護ってるんだと思う。

意味が分からない場合はコチラ →白枝物語16 ~ダークソウル3~

 

 

 

反対の階段

 

本堂とは逆の階段を進む。

 

建物に入ってすぐ

 

「抗呪の大盾」を拾う。

盾を拾う

抗呪の大盾 = 呪いに対抗する者に渡されたと言われる大盾。とっても重くて普通じゃ扱えない盾らしい。呪いに対抗するのは「それくらい大変な事」って意味が込められてる。実際に呪い死耐性(隠し性能)が高い。

でも、呪い死する場面が少ない。いらネ。

 

いらない大盾を拾ったら建物内を少し進む。

下へ続く梯子があるので梯子を降ろす。

 

梯子を蹴落とす

この梯子を降りると篝火があった「清拭の小教会」の近くに出れる。

 

結構な高さがあるので、面倒くさくても梯子を使わなきゃいけない。

登るのは面倒くさいけど、降りる時はなんと…

 

梯子をシャーって降りる

 

一気にシャー!って降りれるよ!!!

ジャッ〇ーチェンみたいに降りられる。映画ワンシーンであったような無かったような…

でも、あの人ならきっとシャー!って降りるんじゃない!?

 

 

梯子を降りたら外へ

外へ

 

そてへ出て直ぐの水場に「死体蛆」(したいうじ?)っていう敵と出くわす。

動きは鈍いが、なめてると突然とびかかって来るので注意。

しかも、コイツの攻撃をもらってしまうと全身に「蛆」みたいな生き物に寄生され徐々に出血ゲージが蓄積してしまうので注意。(出血ゲージが満タンで大ダメージを受ける。)

 

厄介そうに見えるけど実はにとても弱い。

 

炎系の攻撃をすると

敵が燃える

ぴぎゃーーー!!!って叫びながら燃える。

なので、ここへ来る時は必ず炎系の武器などを持とう。(火炎壺や松明でも良い)

 

 

水場で3体ほどぴぎゃーーーいわして進んだら階段があって

上がったら直ぐ、「結晶トカゲ」がいるので逃げられない様に一気に倒す。

 

何かを逃がしたくない時に、たまに脳裏によぎるあのセリフ。

逃げる結晶トカゲ

「オイ、ちょ待てよ。」

 

コレな。

カッコイイ人が言うと何でもカッコ良く聞こえる説。

 

 

さて、この「ちょ待てよ」。

いったい何のドラマで言ったのが最初だろうか?

 

疑問に思ったので「ヤ〇ー」で調べいたら「ヤ〇ー知恵袋」でこんな質問があった。

 

 

「木村〇哉の本名が、チョ、マテヨって本当ですか?韓国人ですか?」

 

という質問にやられた。笑わされた。

 

そして、疑問なんてどうでもよくなった。

 

 

 

今回はここまで。

 

 

 

ダークソウルオフィシャルサイト

 

 

次→ちょっと待って

前→白枝物語31 ~ダークソウル3~

 

当ブログは個人が運営している非公式ブログであり、 「 ゲームタイトル 」の運営企業とは異なります。 また、 当ブログのすべての画像や攻略データの著作権は、 「 ゲーム運営会社 」に帰属します。 著作情報の削除依頼に関しては、 こちらのお問い合わせは(https://murohas.site/contact/)から 、 お願いします。 著作者からの申請であれば、 速やかに対応いたします。