白枝物語 序 ~ダークソウル3~

ゲーム, ダークソウル3

白枝物語  序

 

この物語は 「 ダークソウル3 」 本当に面白いのかどうか

初めからプレイし直し 、それを記録する事によって真実を見極めるという

とてもニッチな日記です 。 ( エッチじゃないよ )

初めに 「 ダークソウル3 」 とは、どうゆうゲームかを説明しなければなりません 。

 

白枝物語

 

 

これですよこれ ! !

 

ゲームが好きな方なら名前くらい聞いたことあるはず ! ! !

 

制作は フロムソフトウェア で剣と魔法の洋風ダークファンタジーでシリーズ3作目となるナンバリングタイトルです 。

 

高難易度のアクションRPGで、合わない人には 「 なんだ?このクソゲー 」 と言われ兼ねないのですが 、ハマれば1年遊べます 。

 

発売は 2016年3月24日 で私は発売日に購入して今も遊んでます 。

ちなみに 、私はシリーズ1作目から遊んでいるダクソ大好き人間です 。
特にゲーマーと言えるほどゲームをしないのですが 、 このゲームは別格 だったと思います 。

 

白枝物語 (日記)第1回目なので、ダークソウルがどれだけ好きかを書きたいと思います。

 

私がダークソウル ( 以下ダクソorダクソ3 ) を初めてプレイしたのはダクソ1が発売されて半年くらいのことでした 。

それまでゲームと言えばアクション系よりRPG系ばかりで 、主にJRPGと呼ばれるFF系やDQ系をプレイしてきました 。
アクション系もたまにはプレイしてはいましたが 、 ヒゲのおじさん が活躍するのとか大勢を相手に 「 俺ってtueee ! 」 っていう爽快感を楽しむゲームくらいです 。

 

ゲームが好きってだけでしたし面白いと感じたゲームもクリアしたら 「 クリアしたし、もういいかな 」 ってなり 、次何か面白いのないかな?といつものようにゲームソフトを見に行きました 。

ダクソの存在は知っていましたが 、今まで洋風ゲームに興味が無く手に取ることはありませんでしたが 、その日はなぜか 「 あえて興味が薄い物にしよう 。新しい気持ちで面白いかもしれない 」 と思いダクソを手に取りました 。

ダクソはアクションRPGという事もあり 「 なんか聞いたことあるし、これでいいか 」 と軽い気持ちで購入して帰りました 。

 

そして ダクソ人生初プレイ

その時の感想は

 

何だこりゃ ! ! クソゲーじゃねぇか ! ! ! つまんね ! ! ! !

 

なんたって主人公がすぐ死ぬし爽快感の欠片も無いし 。ストレスを解消どころかストレスLv MAXになるし 。

それから当分の間ダクソをプレイすることはありませんでした 。

 

しかし 、ある日ネットで 「 ダクソが数々のゲーム賞にノミネートされている 」 という目を疑うような記事を見かけたのです 。

私は 「 うそだろ ? あのクソゲーが ? 」 と思いました 。

でも、賞を取るってことは 「 このゲームは面白い 」 評価されているという事 で 、私の知らない面白さがこのゲームにはあるんだと思いました 。

そんなこんなで 「 じゃあ、クリアするまで一応やってみるか 」 と思い 、久しぶりにダクソに手をつけました 。

 

そんな私に容赦しないダクソ 。

 

何度も何度も心が折れそうになりながらも初めて最初のボスを倒した時

 

 

 

「 っしゃあああああああああああ ! ! ! 」

 

 

 

私は自然と ガッツポーズ が出ました 。っていうか 、マジで声出して喜びました 。

ゲームでこんなに 興奮し達成感に酔いしれたのは初めて でした 。

 

それからはオンライン要素があるので他のプレイヤーと協力プレイを楽しんだり、他のプレイヤーの所へ侵入して邪魔してみたり。やればやるほどハマっていきました。

 

私の出合ったゲームの中でダクソを超える物は無かったと思います 。その ナンバリングタイトル「 ダークソウル 3 」 発売から 1 年経ちましたが 、その面白さを確認していきたいと思います 。

 

長くなりましたが私のダクソ愛が少しでも御理解いただけたら幸いです 。

え ? ダークソウル 2 ? ? そんなのありましたっけ ? ? ?
( ウソです 。一応クリアしましたが 、私は1ほどハマれなかったです 。 )

 

 

 

次→白枝物語02 ~ダークソウル3~

公式→ダークソウルオフィシャルサイト

 

当ブログは個人が運営している非公式ブログであり、「ゲームタイトル」の運営企業とは異なります。また、当ブログのすべての画像や攻略データの著作権は、「ゲーム運営会社」に帰属します。著作情報の削除依頼に関しては、こちらのお問い合わせ(https://murohas.site/contact/)から、お願いします。著作者からの申請であれば、速やかに対応いたします。