潜入捜査 in MIYAJIMA

観光

潜入捜査

 

2月某日

 

その日は久しぶりの快晴だった。(ちょっと雲があるけど)

 

 

まさに潜入捜査日和だ。

 

我々は寒空の中、速やかに行動を開始した

ターゲットの島へ渡る為、我々は

とあるフェリー乗り場へ到着した。

 

 

着いた途端、我々を襲う暴風

寒い。

これは難しいミッションになりそうだ

慎重かつ大胆に行動して無事、フェリーに乗ることができた

一般乗客は皆、1階と2階の室内へ向かうようだ

我々は乗客に悟られないようフェリーの最上層へ上がった

 

 

乗客はいないが、冷たい風が気になる

数分後フェリーが港を出た

 

フェリーが動き出した途端、我々は気がつく

 

これはワナだ!!!

 

最上層は潮風の吹きさらし。

 

これは明らかに敵の罠だったwww

(乗客が皆、1階と2階の室内へ向かったのはその為)

 

 

寒い!ってか、痛い!!

 

 

とても我慢できるレベルでは無かった

我々は瀕死の状態でフェリーの室内へ向かった

しかし室内は乗客で満席状態だ

 

席には座れないので仕方なく我々は通路に立つことに

 

乗客に我々の事が露呈する恐れがあったが

暖かい。室内最高。

潮風侮るべからず

 

 

我々は最悪の事態を回避し

ターゲットの島へ上陸!!

 

 

上陸すると早速、現地の鹿が我々を迎えてくれた

 

 

 

実は彼もまた潜入捜査員の一人で、宮島を単独で捜査をしている

 

彼の名は「リチャード・スミス」

とても優秀なエージェントらしい

 

 

では、捜査開始

観光客の群れを掻い潜り

最初の調査ポイントに到着した

 

 

 

潮が引けば鳥居の近くまで行ける

 

鳥居には隠された秘密兵器がある

かもしれない

 

 

どうやらその心配は無さそうだ

次のポイントへ向かう

 

こ…これは⁉︎

 

海の上に怪しげな建物

いかにもな場所だが……

中々…由緒正しい建物のようだ……

 

 

うーむ。おかしいな…

 

特に問題無い

 

くそっ!どうゆうことだ!!!

怪しいどころか…

 

 

観光にはもってこいだな!!

(写真の方々は観光客の方ですので関係ありません)

 

外観もいいが、中から見るのも

とてもいいじゃないか!

いかん!!!ついミッションを忘れ

観光を満喫してしまうところだった

 

気を取り直して捜査に戻ろう

 

ん?

 

あれは、まさか凄腕エージェント夫婦

『ジョニー&ベッキー』の御両人?

 

 

 

返事がない ただの鹿のようだ

 

 

さて、腹が減っては潜入はできぬ

観光客を装う為に我々は島の名物?

焼き牡蠣を食べる事に

 

 

熱い!!うまっ!!

 

口の中でハフハフ

凄く観光客っぽいリアクション

この完璧なカモフラージュで、以降の捜査もスムーズに遂行出来るだろう

 

 

そして我々の観…潜入捜査も大詰めを迎えることになる

 

かの秀吉公戦で亡くなった者

供養する為に建てた大経堂がある

とされる方向へ向かった

 

 

大経堂は五重塔の隣りにあるらしい

 

 

そんな歴史の詰まった場所と言う事は

 

島で一番怪しげな場所のはずだ!!

 

何より、我々は『大経堂の中にこそ秘密がある!』と言うリチャードからの

情報提供によりここまでやって来たのだ

 

幾多の罠(土産物屋など)を回避し

 

ついに目的地へ到着した

 

ん????

 

我々は目を疑った…

 

 

あれ?なんか壁も無いし天井も無い・・・

 

未完成じゃね!?

 

なにを隠そう、豊臣秀吉が急死した為

大経堂の工事は中止され

以後は大衆の交流の場、納涼の場として

人々に親しまれたとかなんとか

 

つまり

 

観光名所だ!!

 

我々は途方に暮れた

 

 

目の前に広がる絶景……

いいとこだな…宮島……

 

 

時間も時間なのでミッション終了した

我々はアジトへ帰る為、フェリー乗り場に向かった

すると、そこにリチャードが通りかかる

 

 

リチャード!貴様、計ったな!!

 

お前のせいで今日は大変だったんだ!!

まだロープウェイミヤジマリン

行って無いのにクタクタだぞ!!

返事がない

 

 

元々ただの鹿だったのようだ…

 

 

おしまい。

 

 

 

あー楽しかった。宮島いいとこだな!

今回は神社仏閣を中心に観光したけど、すごかった。

ある神社なんか写真撮影を自粛しちゃう程なんか雰囲気が違ったね。

今度は水族館やロープウェイは絶対行かなきゃな!!!

この記事に関するお問い合わせなどは→https://murohas.site/contact/

 

宮島観光公式サイト